読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バグの少ないWebサイトのために

開発

Webサイトを動的に表示させるには、
サーバ側でエンジンに相当するものを用意しなければなりません。

それがPHPであり、Perlであり、そしてJavaで合ったりします。
大規模なサイトでは、Javaが用いられます。
Javaは最初は敷居が高いですが、
つくり上げると、やはり信頼性のあるサイトが出来ますので
カチッとした業務利用ではJavaが好まれますし、
エンジニアにとってもバグが少ないシステムに繋がります。

バグが多いサイトというのは、作ってからも大変です。
障害が起きたら、何はともあれ復旧最優先です。

休日や夜間が潰れるかもしれません。
顧客に怒られます。
そして何より、利用者に迷惑をお掛けしてしまいます。

そのため、バグた少ないシステムに繋がるJavaPHPよりも
エンジニアにとって好まれるのです。